かかと内張(すべり革)補修


こんにちは。サブリナブログ担当のりんです。
前回サイドゴアブーツのゴム張り替えの修理をご紹介しましたが、実はもう一ヶ所修理をしています。
本日はこちらをご覧ください。

これはかかとの内張り(すべり革)です。着用時頻繁に擦れる部分のためダメージが蓄積し、やぶれてしまっています。
そこであらたに革を縫い付けます。
するとどうでしょう。

このようになります。
外側にばかり目が行きがちですが、自分の足と直接触れ合う内側こそ重要です。
すべり革のやぶれを放置すると、履き心地が悪化したり、ヒールカップの型崩れに繋がります。
すべり革のダメージはつまりヘビロテの証し。お気に入りの靴なればこそ、見えないところまで手をかけて長く付き合っていきたいですね。

サブリナシューシャイン公式ブログ

靴修理について、ケアについて、職人が綴ります。